パパとほんきで、とうそうおにごっこ。最後はパパがバテバテ(笑)

● パパとほんきで、とうそうおにごっこ。最後はパパがバテバテ(笑)

こんにちは、HP担当さとさんこと高島です。

11月19日(日)に隼国民体育館(鳥取県八頭郡八頭町見槻中76)で開催しました「パパとほんきで、とうそうおにごっこ」。

パパとほんきで、とうそうおにごっこ。ファザーリング・ジャパン中国

お手伝いパパが7名、1部2部あわせて参加者40名ほど。

さっそく、次回も参加したいという声をいただいています。

ハンターパパは全員で4人。

1部では、しんぺいパパが1人で一気に10人捕まえたんです。

すると、子どもたちも目の色を変える。

あのハンターには気をつけろ!みたいな、一体感が生まれる。

捕まってしまった子どもたちは、知恵の輪をクリアすると復活できる。

早々にクリアして、逃げ回る。

ミッションも用意していました。

リストバンドを手に入れたら、同じリストバンドをしたハンターからは狙われない。

ハンター撃退ボールをステージから投げ込む。

2部では、ハンター撃退ボールを導入。

ぶつけたらハンターが五分間止まるというミッションをしました。

いちじボール当てられすぎてハンター全員止まるという珍事件も!

子どもたちは、大歓声。

最後はハンターがバテ過ぎて捕まえることが出来ずに、全員生還という幕閉じでした。

パパが本気で子どもと遊ぶ。

子どもも、本気になります。

遊ぶことは、子どもと心の距離をぐっと近づける最高のコミュニケーション。

ダンボール迷路から、続けての参加のパパもいらっしゃいました。

遊びを通じて、子育てへの参画の意識が、高まっている。

そんな、本気の鬼ごっこでした。

ファザーリング・ジャパン中国事務局へのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする